• Dive KO*BE

非接触体温計

更新日:1月29日

非接触、文字通り『接しない、触れない。』って事です。


触らずに温度が判る!


学生時代 (機械工学科) 研究室に溶けた金属の温度を測る装置が有りましたが、コンパクトな物ではありませんでした。


私がこのハイテクガジェットを初めて目にしたのは、その約10年後、今から30年くらい前。

テレビのF1中継でした。

レーシングタイヤの表面温度を測ってました。


本物を初めて手にしたのは鈴鹿サーキット。

8耐のピットでブリヂストンのエンジニアが持ってました。

路面温度を測らせてもらいました。


で、体温計...となると...

あまり記憶がなく、今回の騒ぎで一躍身近な物に躍り出た感じです。


2/21 パラオに到着した際にロマン・トメトゥチェル国際空港のイミグレの手前で体温測定。耳で測定するタイプ。これが最初でした。


それ以降はどこでも当たり前に測られる様になり、最近はこちらも『測られ慣れ』してますね。


体温計。

当店にとっても営業再開に向けて必要な備品ですので購入しました。


本当は赤外線照射式が欲しかったのですが、品薄で納期未定。

在庫の有った赤外線感応式を購入しました。

耳測定、額測定兼用です。

コロナ対策 感染対策 ダイブコーヴィー 体温計 体温測定
赤外線感応式体温計 耳でも額でも測れます

体温モード以外に物体測定もできるのですが、照射式じゃないので熱源に近付けると手が熱い! (笑)

新しい物好きなのでしばらくは遊び道具になってるかも!?(笑)

41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

寿命

全ての物には寿命が有ります。 PCが不調です。 BIOSで付属のハードウェアを遮断すれば動きますので、キーボード周りの物理的な故障の様です。 勝手に aaaaaaaaaaaaa ってなったり、勝手に右クリックしたり、TABったりするようになりました。(笑) ずっと絶好調だったので忘れてましたが、今のVAIOくんは 2012年製。9年も頑張ってくれてました。 スペック的にも5年位が替え時だと思います

動画素材の納品

昨年度末に東京の制作会社さんから動画撮影のご依頼を頂きました。 官公庁への納品です。帯のお仕事。 予算もそこそこ出ておりコロナ禍でそれほど忙しくはないので、受けさせて頂きました。 さすがに編集~完パケ納品までをお請けするマンパワーは有りませんでしたので、水中ロケと素材納品のみですが。 カメラ割りの打ち合わせや絵コンテの確認などは『昔取った杵柄』で問題ありませんし。 クライアントの『欲しがる』感じも